商標 更新

よくある商標トラブル(4) 商標の更新を忘れた|商標登録LEO

よくある商標トラブル(4) 商標の更新を忘れた

商標の更新は自己申告!

 

商標権は、著作権などと違い永久にその権利が保護されるため、知的財産の保護の観点からしてもとても強力で心強い権利です。
しかしこの商標権は10年単位の更新制となっており、その更新時に特許庁から更新の通知が来るわけではありません。

 

そのため商標権の更新を忘れており、いつのまにか第三者に新たに商標を取得されてしまうというトラブルが発生しています。

 

 

商標権の有効期間は10年と長くつい忘れがちになったり、担当者の異動や退職で引継ぎがうまくできていなかったことが原因として多いようです。

 

10年にもわたって使用してきた商標が利用できなくなることは、店名や商品名を変えることでの看板・パンフレット・ホームページの実質的な修正コストが発生するだけでなく、これまで築きあげてきたブランドや知名度を失うことになります。
そのため商標権の自己管理はしっかり行うことが大切です。

 

 

なお特許事務所では商標の期限管理や更新申請を行ってくれるところもありますので、企業で管理する場合には特許事務所に依頼するしておくのが安心でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ