BMXの商標について

商標登録されていたが一般名称化して正式名称となった乗り物、「BMX」|商標登録LEO

商標登録されていたが一般名称化して正式名称となった乗り物、「BMX」

BMXの本来の意味

登録商標だったが一般名称化して正式名称となった乗り物、「BMX」についてです。

 

BMX(Bicycle Motocross)」、自転車でモトクロスのような競技をする小型の自転車のことをこう呼んでいます。
1970年代のアメリカで、当時の子供達が大人がやっているモトクロスのマネを自転車でやったということから始まりました。
「BMX」はもともとは、バイシクルモトクロスという名前だけあって、モトクロスのようにダートコースを走る遊びでしたが、今では細分化されて、速さを競ったり、ダートコースを走ったり、ジャンプ台などで技を披露したりするフリースタイル自転車競技となりました。
エクストリーム系というところでは似ていますが、もともとの意味の「モトクロス」とは少し違う競技になっているようにも感じます。

 

日本でも人気の出たBMX

 

「BMX」の自転車は、悪路を走ったりジャンプしたりといろいろなハードな技に耐えるために軽量でより強度の強い車体でなければなりません。
もともとが子供の遊びだったということもあって、タイヤの大きさは20インチと小さいのです。
また、軽量化のため、泥よけやスタンド、ライトなどの競技には関係ない部品を装備しないというのも特徴です。
そのバイシクルモトクロス、そのうち子供達の間だけでなく大人にまでも広まって、やがて1980年代あたりから日本でも人気が出てきたそうです。

 

有名になってそのまま名称が一般化

 

この「BMX」という名称は、BMX Products社という会社がこの遊びに目をつけて、この遊びをスポーツの競技として作り上げた際に「BMX」という競技名をつけたことから付けられた名前だそうです。
元々は自転車の名前ではなく、競技名だったということです。
それからBMX専用の自転車を作り「BMXをする自転車」、それが自然とその自転車のことを「BMX」と呼ぶようになりました。
商標登録されていたこの名称も、後追いメーカーなど誰もが「BMX」という名称を使い、「一般名称化」してしまった言葉となってしまったそうです。
一般名称化してしまったと言えども、自分のメーカーの名前「BMX Products」と競技名の「BMX」が同じなため、会社名が広く知られることになったので、それはそれでよかったのでしょうね。

商標登録されていたが一般名称化して正式名称となった乗り物、「BMX」|商標登録LEO関連ページ

先に運営していても商標を主張できない?
商標登録を行なっていなかったために警告書が届きました。自分のお店のほうが何年も運営していたとしても、主張することは出来ないのでしょうか?
商標使用の放置は厳禁!
商標使用を放置しているとどうなるのでしょうか? 商標していたばかりに損をした体験談です。
早まってはいけない警告書
商標を侵害されたという警告文が届き、それに従ってしまったのですが…
商標登録のコストを比較!
商標登録での経費削減の1つの方法に自分で行うという方法があります。ただ、間違いやトラブルが起きたりするので注意が必要です。
商標権のトラブルが潜む!
以前、商標権でトラブルを起こしたしまったことがあります。実家は小さなアクセサリーショップをしていました。母は商標権に疎かったので、お店の名前が商標権についての警告書が届いていしまいました。
やっぱり訴えられてたGUESSとGUCCI
GUESSとGUCCIって似てると数年前に気付き、気になっていたときがありました。パロディなのかなと思っていたのですが、どうやら違うようです。
トクホではない黒烏龍茶
ダイエット効果により、トクホとして有名な黒烏龍茶について掲載しています。
オークションで実際に感じたこと
先日、オークションで高級ブランドの洋服を落札しました。しかし、実際に届いたのは聞いたこともないブランドの服でした。
よく見かけるクロックスの偽物
履き心地が良く、便利で人気のあるクロックスのサンダル。私も、もちろん愛用しています。今回はクロックスについて掲載します
マレーシアでのS-SHOCK
マレーシアの旅先の出来事です。「S-SHOCK」なるものが露店で売られていました。偽物とわかりつつ面白かったので4つほど買っていきました。
赤ちょうちんと居酒屋
同じような看板が並ぶ居酒屋各社。以前まで、自分は飲み過ぎた次の日、自分はどこで飲んでいたか良く分からなくなっていました。今回は居酒屋各社についての商標知識について掲載します。
今まで気づかなかった有名企業の社名
大手家電メーカー会社の知らない商標についてのマメ知識です。家電の量販店のプロでさえ知らないかもしれません。
JRの正式名称の「鉄」の字を気にしたことがありますか?
JR東日本旅客鉄道株式会社ですが、鉄と言う字が実は普通の鉄で表記されていない事をお気づきですか?
SMBCとSBM
SMBCとSBMという略称があるのですが、たまにどっちがどっちだか分からなくなることがあります。さわやかな雰囲気を感じられますが、たまにややこしいなぁと感じることがしばしば。
うどん県出身ではなかった?丸亀製麺と讃岐製麺
よくいくうどんチェーンですが、名前が似ておりたまにどの店が、どの店だかわからなくなり混乱してしまいます。
乗り物と商標名、グレードなのか車名なのか、GTーR
かっこいい「GT-R」の商標について掲載します。GT-Rの商標は実は「GTR」として登録されています。
「GTi」グレード名
スズキの「GTi」について商標を掲載します。スズキが「GTi」の商標を獲得するには、フォルクスワーゲンと一悶着があったようです。
ジープの商標の話
ジープの商標について掲載します。いつのまにか四駆車の代名詞にもなっており、父もそれが原因で勘違いをしていました。
車のグレード名と商標
車のグレードの商標についての知識を掲載します。商品名の商標を取得するときなどに参考になるかもしれません。
外車デビューのはずが・・
海外に滞在していた時に、せっかくなので外国車を借りて乗ろうと思っていたら、実は日本車だったという経験を掲載します。そこには外国の商標事情が関係していました。
商標名だった「宅急便」
今はネット通販がはやり、宅急便がとてもありがたいものになってきました。実はこの宅急便という言葉はクロネコヤマトの商標だったのです。
「東横イン」は東急グループ?
紛らわしい「東横イン」と「東急イン」。この二つですが果たして偶然的に似たような名前になったのでしょうか。ただ、この二つは商標権について争いは特になかったようです。
直接出願する方法
パリ条約により日本国内で6ヶ月以内の出願日であれば、外国で優先主張権をすることが可能です。 個別出願のメリット・デメリットについて掲載しています。
シンガポールの商標権
シンガポールでの商標権についての基礎知識を掲載しています。商標区分や商標に関する条約、法律などについてまとめてあります。
マレーシアの商標権
マレーシアで商標登録をする際に事前にしりたい基礎知識などについてまとめました。マレーシアで商標出願が拒絶されるポイントなどの情報がまとめてあります。
パタゴニアとL.L. BEANのロゴ
今回はパタゴニアとL.L,BEANについて掲載しています。この二つのブランド間のデザインはよく似ていて、偶にパクリなどと言われ少し残念な気分になります。
シャチハタの商標について
今ではハンコの一つとして有名な「シャチハタ」なのですが、実は社名なのです。朱肉がいらないハンコは「Xスタンパー」と呼びます。今回はシャチハタの商標について掲載します。
「富士フイルム」と「フィルム」の商標
富士フィルムとフィルムについての商標の知識を掲載しています。富士フィルムの社名の由来や表記と発音なども紹介しています。
トイザらスの「ら」と商標
大人も楽しめる大手のおもちゃ屋で有名なトイザらス。社名の由来が気になり、調べたことを掲載しています。
ストロボとフラッシュの商標
ストロボとフラッシュの商標の知識についてまとめています。実はストロボとは商標登録なされていて、正式名称は「エレクトニックフラッシュ」というそうです。各カメラメーカーのフラッシュの呼称についても掲載しています。
金融会社のロゴと商標体験談
三菱UFJグループの名を使ったダイレクトメールが届いた時の体験談です。消費者金融の中には関連性のない企業の名を使って契約を持ちかけるところがあるなどの実際に会った出来事を掲載しています。詐欺にあわないよう注意が必要です。
「iPod」と「iPad」の商標権
「iPod」と「iPad」の商標権について感じたことを掲載しています。「iPod」と「iPad」ですが似ていているので個人的には間際らしく感じます。もちろん、商標権は別々に登録されています。
「阪急百貨店」と「阪神百貨店」社名と商標
阪急百貨店と阪神百貨店、社名も似てるし分かりにくいですよね。百貨店は待ち合わせのシンボルにもなりますが、社名が似てると厄介で仕方がありません。商標登録する際に他の社名と被らないようにするのは重要ではないでしょうか。
「シヤッター」という表記での商標登録について
「シャッター」と「シヤッター」という2つの表記があることの気づきました。最初は特に理由がないのかと思っていました。でも、しっかりと理由があり、なんと分かりやすいネーミングを意識しての文字表記らしいです。「ヤ」にすることでデザインのバランスが取れるそうです。細かいことですが、私たちを意識した良いネーミングの商標登録を企業は心がけているんですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ