ネーミングについて|商標登録LEO

ネーミングについて

 

商標出願の前に注意すること

商標登録する前に注意しなければならないこと、それはネーミング(商品やサービスに名前をつけること)です。
その商標を使用後、又は商標登録後に同じ名前やマークが登録または出願されていた場合は、
もしあなたがそれを知らなかったとしても次のようなトラブルが起きてしまう可能性があります。

 

・相手に訴えられてしまう
・名前の変更をしなければならない
・名前を変更しないのであればライセンス料を支払わなければならない
・損害賠償を請求されてしまう
など、イメージダウンや余計なコストがかかってしまうなど、たくさんのリスクがあります。

 

トラブルを避けるために

 

そういったトラブルが起きないためにも、商標登録(使用する前がベターです)する前に調査をする必要があります。
さて、その商標調査とはどのようにしたらいいのでしょうか。主な調べ方としては以下のような方法があります。

 

・特許庁の特許電子図書館(IPDL)の商標検索サービスで検索する
これは無料で自分で検索することができます。有料の情報サイト(PATORIS)もあります。
・商標公報類による調査
商標登録が決まったものはこの公報に掲載されるので、確実な情報が手に入ります。こちらもIPDLなどで検索することができます。・弁理士に相談する
商標登録の専門家は弁理士です。相談すれば手続きから訴訟などまですべてのお手伝いをしてくれます。
・クリエイターやデザイナーに相談する
デザインのプロなので最近の動向やセンスの善し悪しを相談するにはいいかもしれませんが、調査や手続きのプロではないので、注意が必要です。

 

良いネーミングとは

 

文字商標は文字の配列からできています。文字の配列と発音することによって需要者に認識されるので、
覚えやすい、記憶に残りやすい呼び名はとても有利です。
また、商標と、商品やサービスの品質やイメージとがつながれば記憶に残りやすいでしょう。

 

良いイメージを持つ言葉を使う場合は、既に登録されてる可能性が高かったり、
商品の品質等(商標法3条1項3号)と商品の品質等の誤認を生じる商標(商標法4条1項16号)に該当する可能性がありますので注意が必要ですね。
以上のことから、登録前の商標調査が必要といえます。


ホーム RSS購読 サイトマップ