商標登録 メリット

商標登録のメリット|商標登録LEO

商標登録のメリット

ここでは商標登録することで得られるメリットについて紹介します。

 

 

商標の機能

 

商標は下記機能を持つとされています。
これらの機能が発せられることで、商標登録した商品・役務(サービス)は様々な恩恵を受けます。

 

出所の表示

商標登録することで、この商標を持つ商品・役務(サービス)の生産者や販売者といった出所を、消費者に認識させることができます。

 

品質の保証

商標が登録されている商品・役務(サービス)であれば、消費者は一定の品質や機能が担保されているものと期待してくれます。

 

広告宣伝機能

商標は消費者に、その商品・役務(サービス)をアピールする役割を持ちます。これにより消費者に好印象を与えて購入行動につなげる、広告宣伝効果を発揮します。

 

 

独占排他的利用

 

商標登録したもの(文字・図形・記号など)は、登録者が独占・排他的に利用することができます。
つまり第三者はこれを無断で利用することができず、その商品・役務(サービス)が築いてきた信用やブランドにただ乗りすることを禁止します。これにより偽商品などを排除することができます。
また商標権は、第三者に商標利用を貸与・売却することができ、その利用料で利益を上げることも可能です。

 

 

他人が無断利用した場合は

 

商標権者は損害賠償請求権を持っています。
登録してある商標を第三者が無断で利用して商標権が侵害された場合、裁判所へ訴訟提訴することで損害賠償を求めることができます。

 

裁判の結果、権利の侵害が認められた場合は、
・権利侵害がなかった場合に予想される利益額
・権利侵害により侵害者が受けた利益
のどちらかが損害賠償額とされます。
一般的には後者のほうがその金額が立証しやすく採用されることが多いようです。また商標権の使用料を請求することもあるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ