ロゴの商標登録

ロゴの商標登録について|商標登録LEO

ロゴの商標登録について

ネットの普及により、企業はもちろん個人でもウェブサイトを持つのが当たり前の時代になりました。
これによりウェブサイト上では会社名・商品名・サービス名を訪問者に印象づけるために、様々なロゴが使用されることが増えてきています。
一方でこれに伴い、類似ロゴが無断で作成されたり、画像データを無断で流用されるなどといったトラブルも発生しています。
そこでここではロゴの無断利用や類似ロゴによる権利侵害を防ぐための、ロゴの商標登録について紹介します。

 

 

ロゴ作成と商標調査は連携して行う

 

ウェブサイトを持つことが一般的な現在、インターネット上には無数のロゴがあふれています。
そのため、事前調査せずに企業のロゴや商品ロゴを作成してしまうと、あとから権利侵害を指摘されてしまうおそれがあります。
会社規模や商品・サービスの展開規模が大きいほど、ロゴのもつ信用力やブランド力は大きくなり、影響する金額も膨大になりますので、ロゴを作成する段階で商標調査を行っておくことが必要です。

 

 

ロゴ作成時にチェックすること

 

ロゴデザインを行う際にチェックしたいのは下記の点です。
まずは商標調査すべきなのは、

・図形商標
・文字商標
・ドメイン名

を調査して、すでに商標登録をしておくことが必要です。
特にウェブサイト運営をしている/検討している場合には、ドメイン名も一つのロゴ/ブランド名として役割を果たしますので、確認しておきましょう。

 

 

次にデザインの観点から注意したいのは下記の点です。

・わかりやすい/おぼえやすい
・ブランドイメージを体現している
・他と区別しやすい
・競合ブランドと混同しない・類似していない
・商品/サービスが連想できる
・他者の有名なマーク・名称・通称に似ておらず、連想させないこと

 

 

複数パターンの登録

 

ロゴも1パターンだけの登録ではなく複数パターンを登録しておきましょう。
例えば

・文字だけ(文字商標)
・図形だけ(図形商標)
・文字と図形の組み合わせ(文字+図形)
・立体商標(看板)

などが挙げられます。

 

 

また図形の場合は、カラーも考慮要因です。
代表的なカラーでの登録はもちろんですが、色違いパターンなども登録できるとなおよいです。
カラーの組み合わせは類似商標として扱うこともできます。

 

 

キャラクターの登録

 

もし会社や商品・サービスにキャラクターが存在するのであれば、これも商標登録しておきましょう。
この際、キャラクターの原画(図形商標)とキャラクター名(文字商標)のそれぞれを登録しておくことがおすすめです。

 

キャラクターの原画は著作権としても登録可能ですが、商標権には著作権にはないメリットが様々あります。
例えば一定期間後消滅する著作権と違い、商標権は永久的に権利が保護されます。
また偶然同一・類似したデザインになった場合、著作権は認められませんが、商標権は先に取得していた側に権利が与えられます。
さらに登録に美術性・創作性は問われないため、出願した区分で同一・類似登録がなければ、そのデザインの商標権は自分のものになるのです。

 

キャラクター名に関しては、そもそも著作権が認められませんが、商標権であれば原画同様、権利が発生し第三者の使用から権利を保護することができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ