商標 区分

商標の区分とは?|商標登録LEO

商標の区分とは?

商標を登録する際、重要になるのが区分です。
また商標調査時にも、区分について理解した上で調査を行わないと、
商標権の利用状況・侵害状況を把握することができません。
そこでここでは商標の区分について紹介します。

 

 

区分とは?

 

商標の区分とは、1つの商標権で権利が保護される商品・役務(サービス)のグループです。

 

例えば、
区分 第1類・・・工業用、化学用または農業用の化学品
区分 第2類・・・塗料、着色料および腐食防止用の調製品
区分 第3類・・・洗浄剤および化粧品

と分類されており、現在この区分は45区分あります。

 

商標出願時には、これから登録する商品・役務(サービス)がどの区分に属するかを指定し、
登録が認められればその区分に属する範囲において商標権が保護されます。
逆に言えば、届け出ていない区分に属する商品・役務(サービス)においては商標権は保護されません。

 

そのため関連する区分や対象の商品・サービスが複数区分に渡っている場合には、
それらの区分も合わせて商標登録の出願を行う必要があります。
なお商標は区分単位で登録を行うため、区分が複数になる場合には、その分費用も増加します。

 

 

商標登録には区分・指定商品・指定役務の明記がカギ

 

商標は区分に属している商品・役務(サービス)に対して申請を行うことができますが、
実際には指定商品・指定役務を明記して、その範囲を明確化します。

 

商標対象の範囲が明確になっている方が、審査が通りやすくなります。
逆に審査が拒絶された場合などは、対象となる指定商品・指定役務を限定しなおすことで
再審査を通しやすくする手もあります。

 

 

商標の類似群とは

 

特許庁の審査において、類似している商品をまとめた「類似群」と呼ばれる分類があります。
登録したい商標が類似群の中にも存在するかなどで審査の可否が判断されます。
ですから、類似群のなかから対象商品を削除していくことで、拒絶理由を解消し審査を通しやすくすることもよく行われます。

 

 

商標調査は区分に注意して

 

これまで紹介したとおり、商標は区分単位で権利が保護されます。
ですから商標調査を行う場合には、区分を正しく把握して調査を行わないといけません。

 

商標が同一・類似であって、区分も同一・類似であった場合、
先に商標登録されていたら、もう商標登録を行うことができません。
それを知らずに同一・類似の商標を利用してしまうと、
商標侵害とされるおそれがありますので、注意しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ