小売業 商標登録

小売業の商標登録について|商標登録LEO

小売業の商品登録について

ネットショップの多くは、オリジナル商品ではなく小売・卸売販売を主体としています。
商標は商品・役務(サービス)に対して登録し保護されますが、
この小売等の役務(サービス)も平成19年4月1日より商標登録対象として認められています。

 

 

小売業も商標保護される

 

小売業・卸売業とは、第三者が提供するオリジナル商品を、独自の、品揃え・展示・接客・紹介などで工夫を凝らし、
消費者にその商品を購入してもらうサービスです。
従来であればこのようなサービスは、商品販売のための付随サービスであり、
消費者が支払う対価の中には含まれないとされていましたが、平成19年4月1日より商標法が改正され、
小売業務も商標保護される役務として認められました。

 

 

どんな小売サービスが商標保護されるのか

 

では具体的にはどんなサービスが商標保護されるのでしょうか。
商標法では、そのサービスを「小売または卸売業務において行われる顧客に対する便益の提供」としています。
具体的には

・商品の品揃え
・商品の試用
・陳列、展示
・接客、助言
・商品の包装
・関連情報の提供

などにより消費者に役に立つ状況・情報を提供し、最終的にその商品を購入してもらうサービスです。

 

 

ネットショップでは、

・メーカーが触れていない情報の提供
・第三者の評価
・競合商品との比較

といったコンテンツを提供することで、消費者の商品購入の手助けをしていますが、
これも上記の小売業として商標保護を受けることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ