海外販売 輸入商品 商標登録

海外での販売、輸入商品の国内販売に関する商標登録|商標登録LEO

海外での販売、輸入商品の国内販売に関する商標登録

多くのネットショップは国内の消費者に向けて商品販売を行いますが、
商品の種類によっては海外の消費者に向けてサービスを拡大も考えられます。
もし海外向けにサイトを用意して、商品を海外に発送するのであれば、
海外での商標権にも注意しなければいけません。

 

 

商標の効果範囲

 

日本において特許庁に出願して取得した商標は、日本国内でしかその商標権は保護されません。
これは属地主義と言われ、商標の効力は商標が登録されたそれぞれの国の範囲内だけで有効であるとされています。
ですから海外においても商標保護を受けたいのであれば、各国それぞれで商標登録をする必要があります。

 

もちろん日本国内で取得した商標でも、海外では既に第三者によって商標が取得されている可能性もあり、
知らないまま販売を行っていると商標侵害を指摘される危険もあるため、注意が必要です。

 

 

海外向けページの危険性

 

ネットショップは世界中どこからでもアクセスが可能です。
日本の企業が、日本にあるサーバー上でネットショップを開設していたとしても、
下記の条件に当てはまる場合、販売先の国の商標権を侵害する可能性があるため注意が必要です。

 

・海外からもアクセス可能
・ネットショップを英訳して海外消費者向けのコンテンツを用意している
・日本国内だけではなく海外からの注文・発注にも応じている

 

 

海外での商標権侵害を避けるには

 

海外向けのネットショップを開設するにあたり、商標権トラブルに巻き込まれないようにするには、
まずは販売を予定している国で商標調査を行うことです。
使用予定の商標がその国で商標権侵害をしていないかは必ず確認しておきます。
そして問題がないようであれば、次はその商標を保護するために出願を行い商標登録しましょう。

 

なおやみくもに販売対象の国を増やせばそれだけ商標対応も必要となり、
トラブル発生の原因
となります。
そのようなトラブルを避けるため、販売予定の国以外の言語に対応したサイトは作成せず、
サイト上でも販売対象の地域・国・通貨が限定されていることを明記するといった対策が必要でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ