商標登録 費用

商標登録手続きと費用|商標登録LEO

商標登録手続きと費用

商標登録を行うにはどのように手続きすればいいのでしょうか。また費用は?
ここでは商標登録を行うための手続きについて紹介します。

 

 

商標登録の手続き

 

商標は、特許庁が管理しています。
そのため商標を登録するには特許庁への申請(出願)を行います。
出願時には商標登録願を作成する必要があります。

 

 

商標登録の流れ

 

特許庁に商標登録出願を行うと、以下のように手続きが行われます。

 

(1)出願

 

(2)出願公開
→出願の内容が公開商標広報で公開されます。
これを確認することで商標登録前の出願状況も確認することができます。

 

(3)方式審査
→出願書類に不備がないかチェックされます。
不備がある場合は、補正命令が通知されます。

 

(4)実体審査
→特許庁の審査官が出願された商標が登録要件を満たしているか審査します。

 

(5)拒絶理由通知
→審査の結果、登録要件を満たさないものは、その理由(拒絶理由)が通知されます。

 

(6)意見書提出
→拒絶理由を通知された場合、出願者は意見書などを提出できます。

 

(7)登録査定
→拒絶理由が発見されなかった場合は登録可、
  拒絶理由が発見された場合も意見書によりそれが解消された場合には、
  登録可の査定が下ります。

 

(8)拒絶査定
→拒絶理由が発見され、追加で提出された意見書でもそれが解消されない場合は、
  登録不可(拒絶)査定が下されます。

 

(9)拒絶査定不服審判請求
→拒絶査定に不服の場合は、拒絶査定不服として審判請求が行えます。

 

(10)審理
→拒絶査定不服審理においては、複数の審査官によって審理が行われます。
複数の審査官の合議により拒絶理由が解消された(問題ない)とされた場合、登録可査定が下ります。

 

(11)設定登録
→登録可能とされた出願は、出願人が登録料を納めれば商標登録されます。
商標は商標登録原簿に登録され、この時点で「商標権」が発生します。

 

(12)商標広報発行
→登録が完了した商標は、商標公報に掲載され、一般に公開されます。

 

 

商標登録にかかる費用

 

商標登録にかかる費用は以下のとおりです。

 

・出願時・・・3,400円+区分数×8,600円 (出願料)
・登録時・・・区分数×37,600円 (商標登録料)

 

 

商標は区分ごとの登録となります。
複数の区分で商標登録を希望する際には、登録する区分ごとに費用が発生します。

 

 

商標登録にかかる日数

 

商標登録にかかる期間は3ヶ月〜半年と言われれています。
なお下記理由などから急いで商標登録をしたいケースのために、
早期審査制度という制度も用意されています。

 

・第三者が似たような内容で商標登録出願を進めていることがわかった場合
・第三者から商標利用について警告を受けた場合
・第三者から商標利用について使用許諾を求められた場合

 

などに相当するケースの場合は、他の事案より優先して審査をしてもらえる場合があります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ