商標調査

商標調査の方法|商標登録LEO

商標調査の方法

これから商品やサービスを開始する際や、商標登録を考えているのであれば事前に商標調査を必ず行いましょう。
ここでは商標調査について紹介します。

 

 

商標調査の重要性

 

もしあなたが商標登録を検討していないとしても、商標調査は実施しておくべきです。
ネットショップなどでありがちなのが、商標調査せずに店名を決めて利用することです。
商標登録されている店名を知らずに利用していると、商標侵害で訴えられる危険性があります。

 

またたとえ自分が独自で考えて名付けた店名や商品名だったとしても、
それだけで商標権が成立するわけではありません。(例え長年利用している名前でもです)
独自で名付けた名前だとしてもすでに誰かが考案して商標登録している可能性もあります。

 

そして当然ですが、これから商標登録を検討するのであれば、
すでに同じ区分で商標登録がされていないか事前に調査・確認することは大切です。

 

商標登録出願を行うにも費用がかかります。
すでに商標登録されているものに対して新たに出願をしても拒絶されるだけで手間と費用の無駄になります。

 

このように他者からの商標侵害を指摘されるリスクを回避し、
商標登録時のコストを軽減するためにも、事前の商標調査は必ず行なっておきましょう。

 

 

商標調査の方法

 

商標調査の基本的な方法としては、
IPDL(特許電子図書館:http://www.inpit.go.jp/ipdl/service/ichiran.html)にて調べる方法があります。

 

こちらでは、特許庁に登録されている登録商標および現在係属中の出願商標データが登録されており、
この中から自分の考えている商標と同一・類似したネーミングやマークを探すことができます。

 

 

商標調査のポイント

 

商標調査を行うにあたり、下記のポイントを明確にしておくことが大切です。

 

商標権を獲得したい区分(商品・サービス)の範囲

→いま検討している区分以外に、対象とすべき商品・役務(サービス)がないかを確認します。

 

検討中の商標が、登録商標や出願中の商標と類似していないか

 

検討中の商標に別の表現がないか

→類似表現も商標として登録しておかないと、他者に悪用される可能性があります。
またその有名なブランドや有名な商標と誤認されるような商標ではないかを確認しておきます。

 

 

商標調査は専門家に依頼すべき

 

商標調査は自分でも行うことができますが、どのデータをどのように調べるべきかは複雑です。
またIPDLに全ての登録商標と出願中の商標データが収録されているわけではありません。
類似商標の調査や、その他出願中の商標を調査をするのは素人では至難の業です。
そこで、重要な商標登録を検討しているのであれば、調査会社や特許事務所に調査を依頼したほうが安心でしょう。

 

もちろんその場合は、商標登録の費用以外にも弁護士へ支払う手数料が必要になりますが、
長い目で見てどちらが損をするか、得をするかを考えると、プロである弁理士に依頼することが最善の策といえます。


ホーム RSS購読 サイトマップ