社名の商標登録

社名の商標登録について|商標登録LEO

社名の商標登録について

商品名やサービス名と同様、会社名も商標登録が可能です。
ここでは会社名の商標登録について紹介します。

 

 

商号登記だけでは商標権は成立しない

 

よくある勘違いなのですが、会社名を商号登記すれば商標権も成立すると考えている方が多いようです。
しかし商号登記と商標登録は別物ですので、社名の商標登録は別途行う必要があります。

 

会社法によると、同一の市区町村内にあっても、同一住所・同一商号でない限り、原則的に登記が可能です。また商号には図形や色彩を指定することができません。
これはつまり、同じ地域内において、ある会社と同じ社名で登記が可能で、ロゴなども似せることが可能ということです。
ですから、もしあなたの会社の業績が好調で知名度なども上がってくると、第三者があなたの会社に目をつけ、そっくりの社名・ロゴを用意して、これを先んじて商標権を取得してしまう恐れもあります。

 

 

商標として社名が使えなくなったら

 

もし社名を第三者に商標登録されてしまったらどうなるのでしょうか。

 

まず登記した商号は「会社名」「法人名」としては利用することができます。
ですが商標権を取得されていると、「商標」「識別標識」「営業標識」として社名を利用することができなくなります。
つまり商品パッケージに「製造者:○○○株式会社」と記載はできても、商品を識別させるための「○○○」とは記載できなくなるのです。
同様にウェブサイトや広告チラシにおいても「運営者:○○○株式会社」とは記載できますが、サービス名称やタイトルとして社名の「○○○」を利用することはできません。

 

 

社名の商標調査と商標登録は迅速かつ確実に

 

商標権は日本全国を対象としているため、国内に存在する会社すべてが対象になります。
そのため会社設立時に社名を決める際には、事前の商標調査を必ず実施しましょう。
すでに商標登録されている社名を使用すると、後から損害賠償を請求される恐れがあります。

 

またここまで紹介したとおり、社名の商標登録も早めにそして確実に行っておきましょう。
あなたの会社の業績が上がれば上がるほど、いわゆる商標ブローカーといった存在につけいられる危険が高くなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ