著作権 特許 違い

著作権、特許との違い|商標登録LEO

著作権、特許との違い

商標とともに知的財産として法律で保護されているものとして、著作権や特許があります。
では商標とこれらとは何が違うのでしょうか。
ここでは商標と、著作権・特許との違いについて紹介します。

 

 

著作権は創作した時点で権利が発生

 

著作権と商標・特許との大きな違いは、著作権は創造物を創作した時点で発生する権利だということです。
一方で商標・特許は特許庁への出願・審査を経て権利が認められます。

 

また著作権は「創作物」であることが必要です。
各人の発明・考案によって独自に表現・創作されたもののみが著作権を認められます。

 

逆に商標権は、独自の創作物でなくてもその権利が認められます。
出願時に既存の登録商標の侵害がなければ、出願者の創作物でなくてもその権利が認められます。
とはいえ、商標登録しようとするものが既に他人の著作物や意匠などを利用しており著作権を侵害している場合には、商標権を認められないこともあります。

 

 

著作権は期限付き権利

 

著作権の有効期限は多くの国で、著作者の生存期間および著作者の死後50年とされています。
一方で商標権は10年単位での更新が必要であるものの、永久にその権利が保護されます。

 

これは著作権は創作物を対象としており、あまり長い期間保護していると、その後の新たな創作活動の妨げになり社会的不利益が大きくなるため、著作者の死後ということで期限付きの権利とされています。
これに対して商標権は、商標権者が長年継続して築きあげてきた信用・ブランドを保護するものですので、期限付きではなくそれが使われる限り永久に保護されます。

 

 

特許との違い

 

商標が商品を識別するための文字や図形・記号が対象になるのに対して、特許は独自の「アイデア」を保護する権利です。
ある商品に対して商標権はその名称や表現が対象になります。
そのため、もし商標権侵害を指摘された場合には、商品名の変更などが必要です。

 

これに対し、もし商品の特許権が取得されている場合は商品名を変えても販売を行うことができません。
商品そのものを成立させるための「アイデア」自体が特許権で保護されているため、それを真似たり類似するアイデアで成立する商品を扱うことはできません。

 

これが商標と特許の違いとなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ